留学生がコロナ禍でも夢抱きカフェでインターンシップ

留学生を受け入れを日本企業へ!神戸学院大学が取り組み!

コロナ禍での就活戦線は、従来のインターンシップをワンデイインターンなど、感染防止に向けたものに変容させた。

コロナ感染を防止するため、面接も、オンライン化したものの、インターンシップまでもオンライン化するのは、困難であった。

特に、本邦に在留する留学生は、言葉の壁もあり、インターンシップでの、研修は、困難を極めた。

結果として、留学生の内定率が、留学生全体の30%にとどまってしまった。

外国人向けに、仕事用の日本語マニュアルを作成した神戸学院大学

神戸学院大学のグローバル・コミュニケーション学科で日本語を深く学ぶ留学生が、大学OBの活躍する企業で、外国人向けに仕事用の日本語マニュアルを作成し、大学からオンデマンド配信を可能にした。

すると、留学生が、オンデマンド配信を利用して長期のオンラインでインターンシップを日本企業で、行うことが可能となった、企業としても、お互いのマッティングを、長期間のインターンで、図ることが可能となり、コロナ禍での就活にあらたな活路を見出すものとして評価された。

外国人向けに、仕事用の日本語マニュアルを作成した神戸学院大学→リンク

中国人留学生が、オンラインのみならず、コロナ対策をしたリアルでのインターンシップ!

日本語を深く勉強した留学生が、接客中の言葉や、インターンシップで接客中の感情を汲み取ったり、日本人の接客と遜色のないスキルを、インターン中に習得!

 

 カフェ経営を志す神戸学院大3年の中国人留学生、陶楽さん(29)=大阪市=が、神戸市内のコーヒー専門店でインターンシップに取り組んでいる。新型コロナウイルスの影響で大学の講義や就職活動もウェブ対応が進んだ今夏。困難な状況下でも「今だからこそできることを」と、短時間に限って、距離を保ちながら対面での研

情報源: 新型コロナ:コロナ禍でも夢抱き 中国人留学生・大阪の陶さん 「いつかカフェを」 神戸・コーヒー店で研修 /大阪 – 毎日新聞

 

神戸学院大学のグローバル・コミュニケーション学で日本語を深く学ぶ留学生

外国人向けの仕事用の日本語テキストをオンデマンド方式で、オンラインでの長期間のインターンシップを可能にした。

外国人向けに、仕事用の日本語マニュアルを作成した神戸学院大学

神戸学院大学のグローバル・コミュニケーション学の日本語コースの中国人留学生が、オンラインのみならず、コロナ対策をしたリアルでのインターンシップ!

夢をすてずに、いつかカフェを!経営したいとの一念が、神戸のカフェ経営者を動かし、リアルでのインターンシップを実現させた。

神戸学院大学は、オンラインとリアルの双方のインターンシップをコロナ禍でも、実現させた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Translate »